プログラムは各界のスペシャリストたちが監修

自宅でライザップ|私ダイエットに失敗しないので! 

自宅でライザップしてダイエットに失敗しない(成功する)方法を紹介しています。

各界のスペシャリストたちが監修したプログラムについて

ライザップの痩せる(ダイエットに成功する)メソッドのポイントは、大きく次の3つがあります。

筋力トレーニング(筋トレ)
低糖質食事法
トレーナーによるマンツーマンのメンタルフォロー

ライザップでは、短期間で確実に痩せることができるプログラムとして、この3つを軸にした独自のメソッドを、事業を開始する前の早い段階でつくり上げていました。
きっとこうなのではないか、という仮説を少しずつ立てながら、オリジナルのプログラムを練ってきたのです。

その後、体育科学博士、管理栄養士、元モデル、医師、心理カウンセラーなどのスペシャリストの方々に、監修してもらい、サポートやアドバイスをしてもらいながら、プログラムをつくり上げていったのです。
ライザップの店舗でもらえるパンフレットには、それらの監修者の顔写真と名前がずらりと掲載されています。
科学的根拠や栄養学などスペシャリストの知見を加えながら、ライザップはオリジナルのプログラムを練り上げていったのです。

もともと仮説から始まったメソッドですが、やはり大きな可能性が潜んでいたということは間違いありません。
それが明らかになったのが、事業をスタートさせる前、社内で10人の社員がモニターとしてプロブラムを実体験したときだったそうです。
監修者の知見も加えたオリジナルプロブラムを実践した10人の社員たちは、2ヶ月後には5kg、10kg、15kgなど、本人たちもびっくりするほど痩せたのです。
これには正直、社内の幹部たちも本当に驚いたそうです。
これほどまで痩せられるのかと、モニターの変わりようを見て、事業の可能性を確信したのでした。
10人のモニターの変わりようは、「ビフォー/アフター」写真として、ライザップの初めての会員募集の広告として使われることになります。
「この写真は合成じゃないか」と言われたりするくらい、モニターの社員は痩せることができたのです。

そして、このプログラムは、2012年2月、「ライザップ」という事業としていよいよ世の中に提供されることになりました。
しかし、プロブラムはその時点で「完成」となったわけではありません。
事業をスタートさせたあとも、何かあれば専門家の先生のもとに出向き、「こんなことがあるんですが、こういう場合はどうしましょう」といった具合に相談を重ねていったそうです。
このようにして、年を経るごとにバージョンアップし、プロブラムを進化させながらライザップはいまに至っているのです。

自宅でライザップしたい人は♪
↓   ↓   ↓

自宅でライザップ|私ダイエットに失敗しないので!